のし梅 7枚箱入り

山形城の御典医を勤めた小林玄端が、長崎にて梅醤を原料とする秘薬の製法を伝授され、帰郷後梅醤に黒砂糖をまぜ合わせ笹の葉に熨し「のし梅」と称して暑気除け腹の妙薬として売出したのが起源と言われています。
後に白砂糖を使用し竹皮に短冊型に熨した「のし梅」はその高雅な味覚で、山形の名産品として知れ渡る事となりました。

原材料名:砂糖、梅、水飴、寒天
内容量:7枚入
賞味期限:製造日より3ヵ月
保存方法:高温多湿を避け、常温で保存してください。
販売価格
756円(税込)
購入数